太陽光発電導入のきっかけ

4年前に家を新築するときから意識していた太陽光発電。
その時は、時期尚早として見送りました。

2年前にも見積りを取り、屋根の確認までしてもらいましたが、その時の設置容量は2.1kW・・・
設置してもとても効率悪そうでだったので、がっかりして見送りました。

今回は業者仲介サービスを利用したら、サクッと4kW台のプランが出たので、一気にやる気満々に!
モジュールの発電効率がかなり良くなったんですね。ここで再度、検討を始めることにしました。

 

太陽光発電を導入する理由ですけど、「CO2を減らして地球環境に貢献したい」とか、「原子力発電への依存を少しでも減らしたい」とか・・・。そんなたいそうな理由ではないです。

純粋に!?、電気を売って儲けたい!「投資目的」です~

 

「太陽光発電導入のきっかけ」への2件のフィードバック

  1. junさん、書き込みありがとうございます!
    東芝!正解です!(笑)
    パナがHITの開発を断念したみたいですね。
    日本人としては残念だけど、揶揄されることもあった東芝の方針が正しかったみたいです。
    何はともあれ、元は取れますよ!
    またお越しくださいね

  2. おーじさん、はじめまして。
    埼玉に住む jun と申します。
    来月東芝の太陽光発電を設置することになりまして
    色々と参考にさせていただいております。

    投資目的・・・
    私もその一人です!(笑)
    設置する人の大半はそうですよね!

    お互い、早く初期投資を回収してウハウハになりましょうね~(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。