カテゴリー別アーカイブ: システム&業者選定

C社さん 見積もり お断り

フェードアウトかと思われたC社さんから突然携帯に電話。今から自宅に見積もりを届けるとのこと。

私、留守中ですけど・・・
もう決めちゃってますけど・・・

 

家のそばまで来ているとのことで、取り敢えず見積もりだけは受け取ることにしました。

 

パナソニックの見積もり、帰ってから確認したけど、超高くてパッとしない。

お断りの電話をしました。

 

いろんな会社がありますね。
こっちとしてはもう契約しちゃってるので、安くなくてよかったです。

東芝 240w x 18枚 = 4.32kW 契約!

今日は、太陽光発電設置の契約をしました!

メールで見積もり等についてやり取りした後、意向をお伝えしました。その上で本日B社さん来訪!

まずは設置の内容や、パワコンの位置等の確認。
それから補助金関係の説明、申請書の記入。
最後に商品売買契約及び工事請負契約書の説明を受け、サインしました。

地方自治体の補助金申請に家の写真が必要とのことで、各所写真を撮って、1時間弱で終了。

工事期間は補助金の関係で全く分からないものの、12月中旬から1月、とのこと。早くしてくれ~ (笑)

見積書、公開しちゃいます。

mitsumori

 

最終的な支払いは、

工事費用 ¥2,450,000
国の補助金 ¥207,360
地元の補助金 ¥104,000
   
最終支払金額 ¥2,138,640

 

どうでしょう?まぁまぁ妥当かなと満足してます。

 

記念に東芝のパンフレット、残しておきます。

システム&業者決定!

システム決定!

最後まで三洋、パナソニック、東芝で悩み、最後まで18枚にするのか20枚にするのか悩みました。(ただし東芝の20枚は不可) 悩んだというより堂々巡り・・・

出来るだけたくさん載せたいけどあまり無理をするのも心配・・・
特に我が家は中途半端な積雪地なので、雪止めをどうするかで悩みました。1シーズンに数回、雪が積もるくらいで、雪止めなんてなくてもいいという意見や、あった方がいいという意見や・・・

いろいろシミュレーションしてみましたが、東芝の240kW x 18枚と、三洋(パナソニック)230kW x 20枚とで予測発電量に大差なく、東芝の方が安く、早く元が取れると気付けたことが大きかったです。雪止めに関しても、安全な形になりました。

最終判断 : 東芝 240kW x 18枚(4.32kW)

モニターの出来が良いのと、高島彩の目覚まし時計がもらえるキャンペーンも大きかった!(笑)

設置業者決定!

B社さんに決めました。
提案をいただいた業者さんの中でピカ一でした。会った時からこの人に、とかなりひいき目で見ていました。
(最後にちょっとだけ値切らせていただきました)

やれやれ、まずは決まって良かった。

メーカーについて比較

「単位面積あたりの公称発電量」を考えたところ、メーカーは三洋、パナソニック、東芝に絞られちゃいました。この3社についてはほぼ同程度の効率です。
(他にもありそうですが、提案してくれる業者がなかった(^_^;)

 各メーカーについて、おーじが入手した情報をまとめます。

三洋

利点

  • 実績豊富!ユーザーの満足度が極めて高い。
  • サポート体制が抜群に良い。経験豊富、対応も早い。設置業者にしてみれば楽。電力会社と交渉までしてくれる事例もあり。

欠点

  • モニターが平凡。データの取り出しができない。故障率が高い。
  • いずれ「パナソニック」ブランドに吸収される運命?

パナソニック

利点

  • 発電量や不具合率に関しては、三洋と同程度と予想できる(当たり前だが)
  • ブランドイメージは良い。当面撤退は無いだろう。
  • モニターは、データの取り出しができる

欠点

  • 歴史が浅い。ただし未知数なのはサポート体制くらい。(現段階で、評判の良い三洋とはサポート体制が別だが、今のところ悪い評判は聞かれない。)

東芝

利点

  • モニターは3社の中では1番高機能で、楽しそう。
  • 240kWhモジュールの発電効率は日本一
  • 高島彩の目覚まし時計がもらえる

欠点

  • すべて海外メーカーの製品で、自社開発でない。
  • 太陽光発電事業に対して東芝のホンキ度が感じられない?
  • 歴史が浅く、発電量(特に低照度や高温時)は未知数。(三洋を大きく上回るということはなさそう)
  • 不具合、サポートにおいても未知数。サポートはやや設置業者任せの感があり。不具合の際に現場に来ないで、その都度機器を取り外してサービスセンターに郵送する(マジかよ!?)
  • 業者によっては価格がかなり高い。

 

屋根工事の施工法について比較

太陽光発電設置の時に起こりうる不具合の一つは「雨漏り」。私もとても心配しています。

いろいろある施工法について、私が得た情報をまとめてみました。

(ちなみに家の瓦は平板瓦ですので、それを前提にまとめています。)

アンカー方式

利点

  • 安価
  • 瓦の形態を選ばずに施工可能

欠点

  • 瓦に穴をあけるため雨漏りの不安が大きい。特に平板瓦に関して言えば、雨線(水の流れ道)に穴をあけることになるため、あまり一般的な施工法ではない。(三洋の施工マニュアルでは、平板瓦にはNGだそう。ただし保証の対象にはなる。)

差込み方式

利点

  • 安価

欠点

  • 瓦が浮いてしまう可能性あり。吹上げるような風に対して弱いかも。

支持瓦方式

利点

  • 元の瓦と支持瓦の形が合いさえすれば、最も確実な施工法。
  • 雨漏り問題に対しては最も安全。

欠点

  • やや高価
  • 元の瓦と形が一致しなければ施工できない

 

今回検討する際に、アンカー方式で安く見積もりを出している業者さんがありました。いいか悪いかは別として、見積もり比較時にはこの点について考慮したうえで比較しないといけません。

発電効率とメーカーについて

おーじの家の屋根は狭いです!

家を横から見るとL字型してます。1階の屋根は日陰になる時間が長いので、設置は2階屋根に限られます。
でも、2階屋根はT字に直行した切妻(というのかな?)屋根です。とにかく変な形。

設置面積が限られることから、選ぶモジュールは出来るだけ発電効率がいいものを選ぼうと思ってます。

発電効率について

「発電効率」についての意味合い(定義)は、ネットを見ているといろいろ出てきます。

・設置費用あたりの実発電量 : 早く元を取るためには大事だと思うけど、設置前にこれを知るのは不可能。

・設置費用あたりの公称発電量 : 現実にはこれでシミュレーションをするわけですね。

・公称発電量あたりの実発電量 : システムの不具合の有無を評価するにはよさげ。ソーラークリニックは(多分)これのランキングですね。メーカーの良心的度も表している?

・もっと単純に、公称発電量

 

いろいろ出てきますが、おーじの要望とはなんか違う気が・・・

おーじの家の場合は
「狭い屋根だけど、できるだけたくさん載せたい!」
 →「狭い屋根だけど、できるだけたくさん発電したい」
 →「単位面積あたりの実発電量が多いもの

という図式でしょうか。

現実的には「単位面積あたりの公称発電量」と「設置費用あたりの公称発電量」を意識して検討することになるでしょう。

京セラのように、隅々まで載せられるということを売りにしているメーカーもありますが、先日の提案ではボツ。他の高効率を謳ったメーカーに発電量は太刀打ち出来てません。

なんとなく、メーカーが絞られてきました!

見積もり比較サイトに相談

紹介を受けた2社の提案の違いとして、「載せられるモジュールの枚数」がありました。
それぞれに何度もメールで説明してもらったものの、どちらにも一理あり・・・ でもいま一つ納得出来ません。

昨夜、この件でお世話になった見積もりサイトに相談メールを送ったところ、さっそく返事が送られてきました。

 

どこを重要視するかで違った提案に至っているのだということ。つまりどちらの提案も正しい。

その上で、それぞれの主張の中で問題になりそうな点を列挙してくれたので、非常に助かりました。

 

メール相談しといて良かったです。

 

あと、結局は自分の判断で決めるんだということもよく理解できました(苦笑)

C社 現場確認

C社さん来訪。

 

C社は仲介サイト経由の業者ではなく、家を建ててくれたハウスメーカーのリフォーム部門。

太陽光発電を設置するにあたり一番心配しているのは雨漏り。なので保証などの関係から一番期待していたりする・・・

 

しかし、対応はいまいち。
これまでに電話でのやり取りが1回あっただけで、意図が全く伝わっていない状況での来訪だったので不安。

 

提案は京セラ。変形した屋根の隅々まで載せられると聞いていたので少し期待していたものの、提案は 3.109kWh。全く魅力なし。

 

京セラの頑丈さや歴史の説明をとつとつと受けるも退屈・・・

検討対象は単結晶もしくはHITのみとお伝えしたところ、パナソニックとは付き合いがあるとのことで、後日早急に提案を送ってもらうこととした。

そそくさと退散。

 

ハウスメーカー直属で、保証面で期待は大きいんだけどね。