カテゴリー別アーカイブ: システム&業者選定

B社 現場確認

今日は2社の現場確認。

 

まずは、約束の時間の10分前に、B社来訪。

一人で来たのであっけにとられる。今日は屋根には登らないとのこと。(第一印象 : 一抹の不安。あとで話をしてみて、経験からくる自信の現れと感じたが)

 

これまでの提案や見積りについての説明。

三洋(パナも同じ)、東芝では、モジュールの数は18枚が限度だとのこと。自信満々に言い切られる。

A社の提案は20枚。どこが違うのか知りたいと伝えるも、どんなに計算しなおしてももこの枚数が限界だとのこと。

逆に、20枚載せられるA社の方に不安を覚える。

 

メーカーについて

三洋

  • 実発電量がシミュレーションより下がるケースはまずない。品質安定。
  • サポートも経験豊富で、対応も早く素晴らしい。

パナソニック

  • 三洋と同じモジュール、パワコンなので、品質は問題ない
  • サポートは三洋とは別で、未知数。ただし悪い評判は聞かない。

東芝

  • 実績が少ないため何とも言えない。今のところ悪い評判はない。
  • 悪天候時の発電量は、三洋に劣るのではないか。あくまで予想。
  • 自社開発の部分が少ない。
  • サポートは、やや設置業者任せの感じがある。(時間がかかる)

 

工法について

支持瓦工法を採用。最近の平板瓦なので、規格はほとんど問題ない。

 

補助金

国 : この時期は補助金の適応が気になるのだが、たぶん大丈夫だろうこと、またメーカー毎の納期の差も、補助金の適応にはあまり影響ないことも確認した。

地方自治体 : 3月まで大丈夫とのこと

 

言葉に自信や経験がにじみ出ている。好印象。 

A社 現場確認

メールで何回かやり取りした後、先陣を切ってA社の現場確認。
仕事を早めに切り上げて帰宅した。

 

約束の16時ちょうどに来訪。

3人で来て、1人が説明している間に、2人は屋根に上って現場確認。

 

施工方法 : アンカー方式を採用しているとのこと。

メーカー : 屋根の面積が限られているので、発電効率の良いメーカーを勧めるとのこと。
三洋が一押し。顧客満足度が良く、業者としても、安心してお勧めできる。
パナは不当に高い!と言って勧める気なし。
東芝の取り扱いは出来るが、施工経験がないとのこと。

 

とても熱心で話が合うが、やや軽さを感じてしまうところもあり。

 

提案書類到着

見積もり比較(仲介)サイトから、2社の紹介があり、今日それらの提案書類がまとめて送られてきました。こういうサービスは本当にうれしいですね。

 

提案は数パターンでありましたが、発電量は4.1kWh~5.3kWh。値段は200~240万(補助金込)。

最低でも4kWhは欲しいと願っていたので、内心ホッとしました。

はじめはホントに導入するか決心つきかねてましたが、ガゼンやる気が出てきました!

 

ちなみに、シミュレーションでは10年前後で初期投資費用を回収できそうなことが書いてありました。だいたい予想通りです。

 

まず、設置することは決定です!

 

太陽光発電工事 見積もり比較サイト

太陽光発電設置にあたってまずは情報収集。

 

始めは総論的な部分から勉強しようと思ったので、特定の業者ではなく、見積もり比較(仲介)サイトを中心にネットで検索して探しました。

メールマガジンを発行しているサイトを見つけたのでさっそく読者登録。

 

設置業者へのコンタクトはきちんと知識をつけてから、と思っていたのに、机上ではなかなか分かりにくいところもあり、勢いで見積りまで申し込んでしまいました!
いまいちならキッパリ断るぞ、と気合入れてました。(あとで考えると大げさすぎでしたが)

 

見積もり比較サービスはとてもいいサービスです。
価格が適正なのかどうか、これを利用することで安心感が得られます。それにしつこい勧誘はシステム上あり得ないので、その点でも安心できます。すでに施工会社が決まっているとしても、一度は利用しておいた方がためになりますよ。