タグ別アーカイブ: 発電量

何月に、どれだけ発電するのか?

おなじみ京セラのシミュレーションサイトよりグラフを拝借

 

月毎、予測発電量のグラフ

月間予測発電量

棒グラフが発電量。今回はこの部分を使います。

折れ線は日照時間

これを月毎の数値に変換して割合を求める

Photoshopで棒部分を範囲選択し、ピクセル数を出すことによって割合を求めました。(真似をしてみようなんて方はいないと思いますが、)幅を統一しないと誤差がでちゃいます。

  •  1月 : 1480ピクセル → 7.7%
  •  2月 : 1550ピクセル → 8.0%
  •  3月 : 1870ピクセル → 9.7%
  •  4月 : 1850ピクセル → 9.6%
  •  5月 : 1990ピクセル → 10.3%
  •  6月 : 1600ピクセル → 8.3%
  •  7月 : 1680ピクセル → 8.7%
  •  8月 : 1770ピクセル → 9.2%
  •  9月 : 1420ピクセル → 7.4%
  • 10月 : 1410ピクセル → 7.3%
  • 11月 : 1270ピクセル → 6.6%
  • 12月 : 1370ピクセル → 7.1%

 

考察

単純に考えれば、夏至と冬至のサイクルに合わせて発電量が高くなりそうだが、実際には1か月ほど前倒ししたサイクルになる。(5月が最大、11月が最小)

 

と、ここまでやってみて・・・
メーカーからもらえるシミュレーションには、だいたい月毎の予測発電量が記載されていますね!
こんなことする必要なかったです・・・

 

関連記事

 

何時ごろ、どれだけ発電するのか?

「1日の間で、何時頃にどれくらい発電するのか?」についての情報を探してみたけど、どんぴしゃりな情報を見つけられず、せいぜいグラフくらいしかありませんでした・・・

仕方がないので、京セラのシミュレーションサイトで得られるグラフから、面積を求めて全体の割合を出すことにしました。

時間毎、予測発電量グラフ

 家に近い条件設定でシミュレーション。

緑色のラインが発電量を示します。今回はこれを使います。

(青のラインは無視です)

時間毎の予測発電量を求める

上のグラフを水色と赤に色分けしてみる。積分のお勉強ですね。

Photoshopの選択機能を使って色分け。そしてそれぞれのエリアのピクセル数を出すことによって、その割合を求めました。

  • ホームタイム : 水色の部分 : 625ピクセル → 全体の4.7%
  • デイタイム : 赤色の部分 :12574ピクセル → 全体の95.3%
  • ナイトタイム : 無視した : 全体の0%

考察

年間の発電量のうち、約5%がホームタイム中の発電。残り95%がデイタイム中の発電。

月毎に修正するとすれば、

日の出、日の入り時刻の変化により、6月はホームタイムの割合が大きくなる。12月はその逆でホームタイムの割合が小さくなる。

んで、

  • 5~7月 : ホームタイム7%、デイタイム93%
  • 11~1月 : ホームタイム3%、デイタイム97%
  • それ以外の月 : ホームタイム5%、デイタイム95%

と考えることにしました。(ここら辺はさじ加減です)

関連記事